君の膵臓(キミスイ)と糖尿病

三越屋
『君の膵臓を治したい』三越屋,ED,AGA治療などさまざまな場合にご利用頂けます。
『『君の膵臓と糖尿病』三越屋
『キミスイとカマグラ』三越屋
キミスイと糖尿病



ED治療ならばバイアグラジェネリックのカマグラを3種類成分比較より三越屋から!


カマグラは医学的な治療効果があります.png

勃起不全やED治療において医学的に効果(日本で)が証明されている成分は3種類あります。
1.シルデナフィル(製品名:バイアグラ)
2.タダラフィル(製品名:シアリス)
3.パルデナフィル(製品名:レビトラ)
*日本では承認されていませんが、ユデナフィルという韓国起源のED薬もあります。

「1.」のシルデナフィルは世界で初めてED治療薬として承認され長い歴史がある「先発薬のバイアグラ」の主成分です。
このシルデナフィルは既にジェネリック薬品が流通しており、世界的に安価で同効能効果がある「カマグラ」がよく知られています。
カマグラの成分は20年以上前にED治療効果があるとして世界中で利用され続けています。

ジェネリックは効果は無いは間違いです。

日本でも高齢化に伴い医療費の高騰が財政を圧迫しだし、ジェネリックの普及に力を入れております。
よくジェネリックは効果が無いとは、副作用が、、、、という方がいます。
それは単なる無知からは来る「気のせいです。」
お薬は薬効成分で構成されていますので、同じ成分を使っていれば同じ効果が必ず現れます。
そのように試験をして製造・販売の許可を得ているので、効果が異なれば「それは」大きな問題です。
確かに薬局で売っているサプリや医薬品は各メーカが副成分を追加して独自性をだしているのもあります。
ですが、そこには大きな効果の違いはありません。

カマグラが選択される理由

勃起不全は「男らしさ」や「内面的な自身」に影響する一番形容しやすい問題では無いでしょうか。
「インポ」「不能」といえば男性への罵声として傷つけやすい言葉ですが、逆に50,60歳になっても現役であれば「尊敬の念」にもなるような男性の強さの象徴にもなります。
ED治療薬は1錠/1回辺りの単価が2,000円前後しますが、このカマグラは「十数分の1」で購入が出来ます。
*海外ジェネリックですので為替状況(円が高いか安いか)も値段には影響します。

このカマグラは価格だけでなく、安定的な人気がある理由は、
1.しっかりとした「硬さ」が得られる。
2.効果持続時間も十分(5時間前後)
3.20年以上の長い実績で信頼度が高い

カマグラ以外にも幾つかのED治療薬があり成分、効果持続時間、強さが異なりますが、基本的な効果、効能は同じものです。
勃起不全の原因は身体など、多くの場合は生理現象に起因する原因があります。

これは、行為が終われば自然に男性器は勃起は収縮しますが、これは身体では収縮のための酵素も分泌されています。
本来は正常な生理作用なのですが、ED症状の方はこの酵素の分泌量、分泌タイミングなので「バランス」が異常となっています。
そのため、初めは大丈夫だったが、急に中折れなどの問題にも繋がります。

これらED治療薬の基本的な効能は、
1.勃起を抑制する酵素の分泌を抑える働き
2.血流を促進する
のようになっています。


ここでは少し専門的にEDの原因物質とカマグラのED治療効果の関係を紐解きたいと思います。
cGMPがPDE5の働きを抑制しEDを治療する
1.性行為が終わると勃起は終了する。
   ・生理現象として勃起を終了させる酵素(PDE5)が分泌されます。
   ・常に勃起し続けると血液が男性器に集中しつづけると損傷する可能性もあります。
    それを防止するために生理現象として勃起を終了させる酵素が分泌されます。
2.cGMPの補助により性的刺激で勃起開始
 ・勃起はこの「cGMP」という体内分泌される物質が影響しています。
 ・「cGMP」は「PDE5」により働きを阻害される。
3.ED症状はこのcGMPの分泌量、分泌されるタイミングに問題あります。
   ・運動不足や生活習慣の問題もED発症の要因とも考えられています。
    ですが、一番の問題はこの悪玉酵素の「PDE5」です。
EDはカマグラだけでは完全回復しない。食事や運動などの生活習慣も影響
このようにカマグラは医学的な根拠より「PDE5」の働きを抑制でき、cGMPが正常に活動できるように調整する効果があります。
「医薬品」ですので「治療効果」が「有ります」。 「亜鉛、マカ、、、等」配合など「勢いのある強力素材」など、曖昧な表現ではなく、カマグラはEDの治療に対して勃起不全の治療効果があります。
カマグラは治療効果は無い精力剤のようなサプリメントや健康食品とは異なります。
医薬品で治療するためのお薬です。

カマグラの副作用:医薬品ですので副作用の表記が必要です。

カマグラにも必ず副作用がある

一般的にどんなお薬にも副作用はあります。お薬との相性が悪いとか、飲み方を間違ったり、万が一の場合のために副作用の表記があります。
特にカマグラでは勃起を補助する効果の「血流促進」が他の箇所に影響し、顔や眼が充血したり、鼻づまりが発生したりします。
カマグラ効果の裏返しで不要な箇所にも効果が及ぶ、、、それが副作用です。

《医薬品ですので販売前に試験が十分に行われている》

医薬品は製造・販売する前に動物から始まり、人に対しても服用の試験が行われます。
長い年月と費用をかけて行われ、カマグラで使われている成分も同様に試験が実施されて製造・販売されています。
もちろん、日本国内でもカマグラ成分のシルデナフィルも「問題が無いことを確認」し、国内でも同成分の製品が販売されています。
アジャンタ・ファーマ社製の「カマグラ」自身は製品としての日本国内販売許可をえるための試験は行っていませんが、使われている成分は「安全性」が既に確認されています。
どんな医薬品にも副次的に期待しない効果があるものです。
お薬との相性などもありますので、使用上の注意を守って頂ければ大丈夫です。